スポンサーサイト

  • 2012.04.05 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    Universitaet Zurich

    • 2011.06.13 Monday
    • 14:53

    6/11・12は休日でした。11日の夜にスイス組で集合することになっていたので、それまでの時間は経由地のチューリッヒを一人で観光することにしました。

    チューリッヒには語学研修のときに3週間ほどいたのですが、都会の街です。人も多い〜。街を歩いていると観光客であろうアジア系の人たちにもよく会います。

    チューリッヒ駅でお昼ご飯を購入し、近くの川が見えるベンチで食べました。
    それから、スイス組の一人から(チューリッヒ近くの街で研修中の人)「チューリッヒ大学の博物館がよかったよ」と聞いていたので、行ってみることに。
    ただ、場所とか聞いてなかったので、バス停にある地図などを頼りにして歩き、なんとか到着。




    とても立派な建物でした。

    展示内容は
    恐竜・化石・昆虫標本(顕微鏡で見ることができる)・天文学のパネル・世界中の動物の剥製など。

    動物の剥製のあるフロアは、さながら動物園のようでした。キリンにパンダにペンギンにアザラシ・・・

    入館料は無料なのに、かなり濃い内容!!(だと思う)で見ごたえたっぷりでした。スイスに来たときは是非!!おすすめです♪

    ただ、教えてくれた人から「フンコロガシもいたよ」と聞いていたので、楽しみに行ったのですが、探しても見当たらない・・・なんでー?と思いながらも博物館を後にしました。あとで、その人に聞いてみたところ、「いや、絶対あったよ!見落としたんじゃない?」とのこと。うーん、これはもう一度行かなければならないです!

    博物館を見た後はチューリッヒ内をうろうろ歩いて楽しみました。Kunsthalle(美術館)に行こうかなとも思ったのですが、博物館でパワーダウンしてしまっていたので今回はやめておきました。
    私は博物館や美術館に行くのは好きなのですが、見終わった後、展示物のオーラ(みたいなもの)に圧倒されてHPがかなり下がってしまうのです。もちろんいい意味での「疲れ」なのですが。

    チューリッヒで時間を潰した後、電車に乗り集合場所の町(ある研修生の農場がある町)まで。
    行ったらまだ2人しか集まっていなかったので、話しながら残りのメンバーを待つことに。途中で集合した農場のChef&Chefinに会えたので挨拶をしたり、味噌汁を作ったりしました。
    1時間ごとに人数が増え、みんなが揃ったところで味噌汁で乾杯!!笑。懐かし〜い味ですごく癒されました♪
    その後はビールやワインを飲みながらまったりと近況報告やくだらない話などをして。何話したか覚えてないくらいいろんなことを話した気がする・・・!
    気がつけば夜中2時半。いつもみんな10時〜11時くらいには寝ているので(私も10時半くらいに寝ています)、「久々に夜更かししとるね」と話してそろそろ就寝することに。さすがに9人で寝るのは狭いということで、私は集合した研修生の農場から500mくらい離れたところの農場で研修している子の家に泊まりにいきました。その子と2人で歩きながら家に向かったんですが、星がかなーりきれいでした!!電灯も消え真っ暗な道、空を見上げれば所狭しと輝く星たち。「日本は明るすぎるね」と言いながらスイスの夜の道を歩きました。

    日曜日は泊めてもらった子の家で朝ごはんを食べさせてもらい、みんなのいるもう一人の子の農場へ。
    畑や牛舎、鶏舎を見学させてもらいました。他の研修生の農場を見せてもらえるのはすごく勉強になります!それぞれの農場でやりかたが全然違うので新しい発見があったり、また、研修生も9人それぞれ専門分野が違うので知らなかった知識を教えてもらったりできるので、すごく楽しいのです。

    見学した後は近くの丘に登り、ベンチでまったり過ごしました。
    帰るのに時間のかかる人もいるので16時半に電車に乗り、解散。
    私は他の4人と一緒にWinterthurという街に行ってみることに。駅の中にあるケバブ屋さんでケバブを購入し、芝生のある公園に行って食べました♪初ケバブ、おいしかったです☆(画像、わかりにくくてすみません;;)


    19時過ぎの電車に乗り、家に着いたのは22時前でした。
    濃厚な土日を過ごせたことに感謝します☆


    年齢も20〜29歳とバラバラで、出身地も経歴も全く違う9人ですが、形はちがうものの「農業を志している」という共通点があり「スイスで農業研修をしている仲間」としてお互いに高めあえている気がします。相談したりされたり、くだらない話で盛り上がったり、農業や将来について話したり。
    たぶん、一人だったらこの1年間の研修を乗り越えることができないと思う。すぐ近くにいるというわけではないけれど、他の研修生も頑張ってるんだ!と思うと自分も頑張らないとと思えるし、このように定期的に集まることもできる仲間がいるのはすごく心強いことだなと改めて実感しました。


    スポンサーサイト

    • 2012.04.05 Thursday
    • 14:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      同じ志しを持つ仲間がいて、なんでも話せて…当たり前のように集まれる、そんな仲間ができて幸せだねo(^-^)o
      私も同じ公務員の仲間がいてグチをいいながらも笑集まってる仲間がいます☆
      同じことをこの土日で感じたよ!
      これからも大切な大切な仲間だね(*^_^*)
      • しょ〜〜うこ
      • 2011/06/13 11:47 PM
      しょ〜〜ちゃん♪
      スイスに来ていろんなこと学びよるけど、一番の収穫は仲間ができたことなんかもなって思うよ☆たぶんこれからもずっと繋がってられる存在になるもんね^^しょうちゃんも素敵な仲間がおるみたいでよかった〜(^0^)
      • はち
      • 2011/06/14 3:33 AM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM