スポンサーサイト

  • 2012.04.05 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    2011最終日

    • 2011.12.31 Saturday
    • 08:56
     こんにちは!さ、今年ももうあと一日となりましたね!
    今日はこれからスイス組のみんなと年越しPartyをしてきますよー(^0^)/わあい

    2011年、本当にいろんなことがありました。
    たくさんの人に出会い支えられ、かけがえのない思い出ができました。
    感謝の気持ち、伝え切れんくらいです。

    ブログもたまーにしか更新できなかったし、おもしろいことも書けなかったのに、見てくれたりコメントしてくれたり、本当にありがとうございまーーっす(´∀`*)

    2012年も今年以上に充実した年にしてみせます!!
    みなさま、良いお年を!!そして、これからもどうぞ、よろしくお願いします!!


    クリスマスマス!!

    • 2011.12.23 Friday
    • 19:33

     今年も残すところ、あと僅かとなりました。

    そして、いよいよ、クリスマスですね(^0^)/
    楽しみな人もそうでない人もいるでしょうが、よいクリスマスになることを祈っております!


    スイスでクリスマスを過ごすことになるなんて、なんだか夢のような話ですが、現実です。
    研修に来る前までは、スイスで一年過ごすなんて、本当に夢のような話で、すごいことなんだ!っと思い込んでいましたが、実際過ごしてみると、現実的で全然すごいことをしているだなんて思いもしません。たまにスイスってことを忘れるくらい普通の日常となっています。

    一年と言う期間を、スイスで過ごしているだけであって、それがすごいことでも偉いことでも全くないんですよね、この感情を上手く言い表せませんが。



    ○●○●○●○●
    ここで私の敬愛する小林賢太郎さんの言葉を紹介します。

    これは、ある高校生が賢太郎さんの舞台のアンケートに進路相談を書いていたそうで、賢太郎さんはアドバイスなんてできないからと、アドバイスの代わりに高校生の賢太郎さんに向けて手紙を書いてみたというものです。37歳の賢太郎さんから、17歳の小林少年へのメッセージの一部です。


     大丈夫、君の夢は叶います。
     でも叶って分かります、
     それはとても地味で、現実的なものなのだと。
     それを理解するということが、夢を叶えるということ、って言ってもいいかもしれません。


    この言葉の意味を読んだときはよく理解することができませんでしたが、今、この言葉の意味が判ったような気がします。賢太郎さんの言いたかったことが自分の解釈があっているのかどうかはわからないけど。

    ○●○●○●○●




    子どもたちも今日からクリスマス休暇に入りました。日本で言う冬休みですが、年明け3日からもう学校が始まるそうです。日本はお正月がメインな感じですが、こっちはやはりクリスマスがメインなんでしょうね!私も2日から仕事です。

    ヨーロッパではクリスマスは家族と過ごすものだそうです。

    私の農場家族も24日は家で家族+Chefinの両親と妹さんと
    25日はチューリッヒに住むChefinのおばあちゃんのところで
    26日はChefの両親のところで
    という具合になっていて、私も一緒に過ごします♪クリスマス、ひとりでお留守番かな…と思っていたので、誘ってもらえてすっごい嬉しかったです!!


    そしてクリスマスが終わればもう年末。年越しは丁度土日で仕事も休みだったので、スイス組のみんなで集まって年越しパーティをする予定です(^0^)/わくわく


    年明けたらもう研修も残すところ2ヶ月です。(3月8日には研修終了で9日から最終旅行、3月25日に東京に着く予定)


    時間はあっという間に過ぎていきます。

    この一年本当にいろんなことがありました。

    嬉しかったこと楽しかったこと、寂しかったこと辛かったこと、悔しかったことイライラしたこと、いろんな壁にぶつかって悩んで、いっぱい失敗して落ち込んで、でも周りの人の優しさや支えがあったおかげでこの一年、本当に充実した一年になりました!!研修中の思い出はこれからの自分の支えになると思います。


    あ、まだ研修を振り返るのには早いですねwwそれはまた今度ということで。
    残りの時間もできることをできる限り!!目一杯楽しみます!!

    それではみなさま、Frohe Weihnachten♪


    あわてんぼうのサンタクロース??


    チューリッヒ駅のツリー 飾りはスワロフスキー!!さすが高級な都会ww

    サンタクロ−ス

    • 2011.12.09 Friday
    • 19:41
     12月6日はSt.Nikolaus(サンタクロース)の日でサンタさんがやってきました!!
    今年は近所の農家さんのとこに来ることになっていたので(うちと近所の農家さんとこに毎年順番に来るらしい)仕事が終わった後家族と共に訪ねて行きました。

    うちの農場のこども2人と農家さんとこのこども2人はわくわくどきどきしながらサンタさんが来るのを待っていました。

    そして、鈴の音とともに、サンタさん登場!!

    座ってる写真だからわかりにくいですが、背高かったww

    サンタさんの持っている大きな本にはこどもたちの一年の成績が書かれているらしく、こどもたちが一人ずつ呼ばれ、サンタさんと下のような感じでお話していきます。


    「今年はこれをよくがんばったね」とか「これができなかったね」とか「来年にはこれができるようにしましょう」とか言われていました・・・たぶん。
    なので、こどもたちはサンタさんと話す時にかなり緊張していましたが、お話した後に、お菓子をもらうとすっかり笑顔になっていました♪


    ちなみに私もお菓子いただきました☆(お話はしていませんがww)

    サンタさんが帰った後は、みんなでチーズフォンデュを食べました!!
    美味しかった〜!!


    真ん中のがうちの農場の子です(´∀`*)


    こうやって、文化に触れるのもすごく興味深くて楽しいです。

    Dezember

    • 2011.12.05 Monday
    • 20:11

     早いもので、12月に入りました。なかなか更新できず、申し訳ないです。

    さて、12月ということで、クリスマスモード全開です。街も家族も(笑)

    ちなみにクリスマスはドイツ語ではWeihnachten(ヴァイナハテン)と言います(^0^)/

    みんなクリスマスに向けてテンションの上がり具合がはんぱないです、特に子どもたち。そんな姿を見ているとこっちまでわくわくしてきます。クリスマスは仕事ですがね!!←


    最近は仕事もクリスマス仕様で、庭の木に電球をつけてクリスマスツリーを作ったり、松ぼっくりを使って飾りを作ったり、クッキー用のクルミをひたすら割ったりしています。スイスに来て初めてクルミ割りをしました。いい経験をさせてもらってます。

    Chefin曰く、スイスではクリスマスが近づくと家をデコレーションするのが一般的だそうです。Chefinも毎年デコレーションしているみたいです。

    リースを作りながら「買ってくる人もいるけど、私は自分で作るのが好きなの!」と言うChefinはとても楽しそうでした。

    クッキーはクリスマスに向けてお客さんが訪ねて来たときにクッキーを振舞うらしく、これからどんどんクッキーを焼いていくそうです。


    街もイルミネーションやツリーで彩られ、とても素敵な雰囲気を醸し出しています。一人で歩くとちょっと寂しいくらいです←




    (Luzernにて)

    スイスのイルミネーションはあったかくて落ち着いた感じです。これを見てると、日本のイルミネーションは色とりどりでちょっと賑やか過ぎるのかもなーと思ってしまいました。


    そして、各地でクリスマスマーケットが行われています。
    この前の休みに同期とバーゼルのマーケットに行ってきました!!屋台やクリスマスグッズを売るお店がたくさん出ていて見ているだけでとっても楽しかったです。


    しょっぱなにGruehwein(ホット赤ワイン)を飲んで温まろうとしましたが…お酒に弱いくせに甘くて飲みやすいので調子に乗って飲んでしまい(3dLくらい)酔うという失態ww
    でも何とか持ち直し、それから楽しめました。


    夜になると一層綺麗に!!クリスマスって感じですね♪






    大きいツリーもありましたよー(´∀`*)


    スイスで過ごすクリスマス。もう二度とないかもしれないので、存分に楽しみたいと思いまっす!!

    サクランボ

    • 2011.11.19 Saturday
    • 19:46
     現在、うちの農場では1haのサクランボを栽培していますが、今回新しく、4haのサクランボ園をつくることになりました。

    先週の土曜日・今週の月火曜日の3日間で1200本のサクランボの苗を植えました。
    農地はChefの所有している牧草地と麦畑を改良したものです。

    Chef・Chefin・Chefのお父さんと近所の農家さん2人が手伝いに来てくれて、苗をどんどん植えていきました。
    そして私は植えた後、苗の下部のほうの芽をひたすら摘んでいくという作業をしました。
    こういう作業が好きなので黙々と芽を摘んでいきました。適材適所!!

    作業の合間にChefのお父さんとサクランボについて話しました。

    今回栽培するサクランボは全て機械で収穫していくそうです。
    機械で樹を細かく揺すって実を落とし、落とされた実はベルトコンベアーで回収するのだとか!!回収するときに風を送り、葉やごみを飛ばし、実だけを箱に入れていくそうです!!
    かなりinteresant!!想像しただけではわからないのでこれはまた収穫期に見に来ないといけないな(^0^)!!

    今のサクランボは手で収穫し、ほとんどを生食用で出荷し、傷などがあるものは加工用にしていますが、新しいサクランボは主に加工用でコンフィ(ジャム)やシュナップス(果実酒)などになるそうです。


    「新しいサクランボが上手く育つかはまだわからないけど、きっと上手くいくよ!!」
    とお父さんは言っていました。私もそう願っています!!

    新しい出発に少しでも関われたことに感謝!!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM